腰回りダイエットを落とすなら、ヨガが絶対オススメの理由!

年齢とともに脂肪がつきやすくなる『腰回り』。

「まだ若いから大丈夫」と油断していると、あっという間にベルトの上にお肉がはみ出してしまって大慌て、なんて事態になりますよ。

ウエストとお尻の間に脂肪がついてしまうと、ボディラインが崩れて老けて見えます。お気に入りの服を何歳になっても着れるように、腰回りのダイエットをして体型をキープしましょう。

腰回りの贅肉を落とすなら、ヨガが絶対オススメの理由

そもそも腰回りの脂肪はどうしてつくのでしょうか?

主な原因は加齢です。年をとって基礎代謝が落ちることが大きな要因なのです。

基礎代謝とは生きていくために必要となるエネルギーのこと。私たち人間は、たとえ寝ている時でも体温を保ったり、呼吸したり、筋肉や内蔵を動かすためにある程度のエネルギーが必要なのですが、一日のうち約7割程度のカロリーは最低限の活動エネルギー、基礎代謝で消費されています。

つまり、なにもしていないようでも生命を維持するために多くのカロリーを消費しているというわけです。

基礎代謝がしっかりとしていれば、自然とカロリーが消費されます。ところが、基礎代謝は加齢とともに落ちていきます。

基礎代謝が落ちているのに以前と同じ食生活をしていると、いつのまにか太ってしまういます。そして真っ先に贅肉が溜まるのが腰回りというわけです。

参照:最も重要!今さら聞けない基礎代謝の常識

極端な食事制限で腰回りは痩せない!

では食事制限をして摂取カロリーを抑えれば、腰回りの贅肉は落とせるのでしょうか?

いえ、答えはノーです。

適切なカロリーのコントロールは、もちろん有効ですし健康のために必要なことです。

しかし、極端な食事制限をおこなっても栄養不足により筋肉が衰え、代謝が悪くなり逆に太りやすい体になってしまうだけなのです。

腰回りのダイエットを成功させるには、食事制限よりもまずは基礎代謝をあげることが重要です。

とくに腰回りの筋肉は、普段はあまり使うことがないので、弱い筋肉しかついてないことが多いのです。
筋肉が弱いと代謝が良くないので、脂肪がついてしまいます。

ウォーキングでは腰回りには効かない

ダイエットのためにウォーキングをされている人は多いのですが、ウォーキングは腰回りがあまり動いていないので、腰回り痩せの効果はさほど望めません。もちろん、ウォーキングで長い距離を長い期間続ければ体全体の脂肪は落ちてきます。

つまり、腰回りのダイエット目的で行うのであればウォーキングよりも効果的な運動があるというわけです。

具体的には何をする?

それでは具体的に、どんなことをすればいいのでしょう?

そこで一番オススメなのがヨガです。

ヨガはカラダをねじる動作も多く、腰回りの筋肉や体幹を鍛えることができるのでとくに腰回りのダイエットに最適なのです。

筋肉をつけるだけなら腹筋をすればよいのでは? と疑問に思う人もいると思います。

しかし、腹筋は無酸素運動ですので脂肪は燃焼されません。

それに対し、ヨガは有酸素運動なので脂肪を燃焼してくれますし、その上筋肉もつけることができます。

しかも、ヨガは呼吸とともに心をリラックスする効果がありますが、これが重要なのです。

心がリラックスすると、夜の睡眠の質が良くなります。しっかりと良い睡眠をとることで、成長ホルモンも分泌され、お肌のコンディションが良くなりますし、代謝を良くしてくれるので必然的に脂肪を燃焼してくれるわけです。

つまり腰回りのダイエットを成功させたいのなら、絶対にヨガがオススメというわけです。

まとめ

腰回りのダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか?

ヨガは初心者でも気軽にできるような簡単なポーズもありますし、特別な道具もいりません。

ゆったりとした気持ちでヨガを楽しんで、美しいボディラインを手に入れましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加