骨盤の歪みを解消!巻くだけダイエット

伸縮性のあるバンドを体に巻くだけの『巻くだけダイエット』。どうしてバンドを巻くだけで痩せられるのでしょうか?

今回はそんな巻くだけダイエットについてご紹介します。

巻くだけダイエットとは?

巻くだけダイエットとは、カラダにバンドを巻いて骨盤のゆがみを解消し、それによって得られるいろいろな効果によりダイエットをする方法です。

骨盤が歪んでいるとこんな症状が!?

骨盤が歪んでいるとさまざまな症状がでてきます。

例えば、骨盤が後ろに傾いていると、首がこったり姿勢が悪くなったり(猫背)、バストが垂れたり下腹がポッコリと出てたり、お尻が垂れたりといった症状がでてきます。

逆に骨盤が前に傾いていると、背中が張ってこったり、便秘生理痛がひどくなったり、腰痛足の疲労にもつながったりします。

また骨盤の歪みで一番多いとされるのが、左右の高さが違う歪みですが、この歪みが起きていると肩こり腰痛むくみが起きやすくなるのです。

骨盤の歪みで太る?

さらに骨盤に歪みがあると太りやすい体になってしまいます。骨盤のゆがみは血管やリンパ管を圧迫してしまうのですが、そうなると血管の圧迫により血行が悪くなり老廃物がたまってしまい基礎代謝が落ちてしまうのです。

また、血行が悪いとエネルギーの消費量が減ってしまうので、脂肪が蓄積されてしまい、体調が悪くなったり太ってしまうというわけです。

バンドを巻いて歪みを解消!

肥満や体調不良の原因となる骨盤のゆがみを、バンドを巻くことで正しい位置へと矯正します。

バンドを巻く時のポイント。

バンドを巻く時は、心地良いと感じるくらいの強さがベストなので、強く巻きすぎないことがポイントです。

バンドを巻くことにより血管とリンパ管が圧迫されるので、一時的にその流れがせき止められます。するとバンドを外した時に止まっていた血液やリンパが一気に流れ、老廃物の蓄積を防ぐことができるのです。

このようにバンドを巻いたり外したりすると血行が促進されるので、繰り返すのがオススメです。

どういったバンドを使ったらいいの?

巻くだけダイエットに使用するバンドは、専用のバンドを使うのが望ましいですが、幅広のゴムや伸縮性のある厚手のタイツなどで代用することもできます。

ただし、皮膚の弱い方はバンドが直接肌にあたらないように巻くということと、バンドを巻く場所は汗をかくので汗をこまめに拭き清潔にするよう心がけるというのも大切です。

バンドを巻く時間は?

バンドを巻いている時間の目安は一回3分がベストです。ダイエット効果を期待して長時間巻いていると血行が止まったままで逆効果になってしまいます。巻き時間には気をつけましょう。

骨盤巻きの効果。

バンドを骨盤に巻くことで、骨盤のゆがみを解消して小尻効果が期待できます。骨盤が正しい位置に戻ることで、内蔵も正しい位置に戻り内臓の機能が上がります。

便秘や生理痛の改善。老廃物が排出されむくみの解消などにもつながります。

エクササイズの併用でさらに効果倍増!

より効果を上げるために、バンドを巻いたまま深く呼吸をしながらエクササイズを行うこともオススメです。そうすることで加圧トレーニングに似た効果を得ることができるのです。

まとめ

バンド巻きダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか? バンドを巻くだけで骨盤のゆがみを矯正し、基礎代謝が上がり太りにくい体になります。

それだけではなく、肩こりや便秘、生理痛などの女性の悩みも解消することができるので、ダイエットしながら健康な体になれます。

とてもおすすめなダイエット方法です。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加