脂肪燃焼!代謝を上げて痩せる!!ミトコンドリアダイエット

代謝を上げて痩せるといわれるミトコンドリアダイエット。ミトコンドリアダイエットって、いったいどんなダイエットなのでしょう?

今回はそんな謎のミトコンドリアダイエットについてご紹介します。

脂肪燃焼!代謝を上げて痩せる!!ミトコンドリアダイエット

pixta_11540687_S

ミトコンドリアダイエットとは、カラダの代謝を活性化させ、カロリーを消費しやすい太りにくい体質に変えていくダイエット法です。

そもそもミトコンドリアとはなんでしょう?

ミトコンドリアとは人間の細胞の中の微小器官のことで、一個の細胞に数百から数千個ほど含まれています。とくに筋肉には多く含まれており、全身のミトコンドリアの約8割が筋肉に集まっています。

そんなミトコンドリアですが、脂質・糖質・タンパク質を使ってエネルギーを生産する働きがあります。つまり脂肪や糖質をエネルギーに代えることができる細胞だということです。

ミトコンドリアの活性化で脂肪燃焼!!

つまりそんな性質を持つミトコンドリアを活性化させ、代謝力を上げて痩せつつ、さらに太りにくいカラダにするのがミトコンドリアダイエットなのです。

ミトコンドリアを活性化させるとミトコンドリア内のクエン酸回路が働きます。そのクエン酸回路の働きにより代謝がアップしてカロリーの消費しやすい体になるのです。

ミトコンドリアを活性化させるには?

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
ミトコンドリアを活性化させるためには運動が必須です。具体的にいえば有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れる必要があります。

有酸素運動の一例

有酸素運動は酸素を消費する運動のことで、ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車、エアロビクスなどで、心肺機能を高める運動です。

無酸素運動の一例

無酸素運動は酸素を消費しない筋肉運動のことで、短距離走、ウエイトリフティングなどが該当します。基礎代謝と筋力を高める運動です。

ミトコンドリアダイエットのやり方は?

おしり
ミトコンドリアダイエットは有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ行います。これを1セットと数えて毎日3セットを続けていくだけです。時間にすれば1日わずか3分です。

たった3分の運動ですが、これがミトコンドリアを活性化して代謝をあげ、ダイエットに繋がるだけでなく、免疫力も高まり健康なカラダになることができるのです。

ミトコンドリアダイエット中の食事について

ミトコンドリアダイエットは、とくに食事制限をしなくても良いのですが、ミトコンドリアが多く含まれる筋肉の量が増えれば増えるほど代謝が上がります。またミトコンドリアは脂肪、糖質以外に筋肉を作るのに必要なタンパク質も消耗してしまうので、食事はタンパク質を多く摂ることが重要なポイントになってきます。

ミトコンドリアダイエットに取り入れたい食品

ミトコンドリアダイエットの食事は、以下の食材を多く取り入れると効果的です。

タンパク質が多く含まれている鶏のささみや鶏胸肉、豆腐、魚類。さらに食物繊維が豊富な人参やゴボウなどの根菜類。根菜類にはカラダを暖める作用があり、タンパク質を体内で上手に活用するためのビタミンやミネラルが豊富に含まれているので相性抜群です。

また体温を上げる効果のある、ネギ、ニラ、ニンニク、生姜、唐辛子などを摂るとよりダイエット効果が増します。

逆にミトコンドリアダイエットで避けたほうがよい食べ物といえば、体を冷やしてしまうトマト・キュウリ・ナスといった主に夏が旬の野菜や果物などです。こういった体温を下げる効果をもつ野菜はミトコンドリアダイエット中は摂り過ぎには注意してください。

サプリで補うミトコンドリア!

pixta_13138253_S
ミトコンドリアの効果やダイエット中の食事などについてご紹介しましたが、ミトコンドリアダイエットを行う際に1つ気になる点があります。

じつはミトコンドリアは加齢とともに減少してしまうということです。いくら紹介したような運動や食事をしても効果が出ないという方はミトコンドリアが減少している可能性があります。

こういった場合はサプリメントなどでミトコンドリアを補うしかありません。昔からミトコンドリアを含むサプリはたくさん発売されていますので、レビューなどを元に相性の良さそうなサプリを取り入れるとよいでしょう。

まとめ

今回はミトコンドリアダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか?

運動量もそれほど多くありませんし、極端な食事制限もなく健康的に痩せられるミトコンドリアダイエットは、まさに理想的なダイエット健康法といえます。

一度ミトコンドリアが活性化し始めると効果が劇的にではじめます。二ヶ月三ヶ月と頑張って続けてみましょう!

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加