二の腕ねじりダイエットでさよならタプタプ脂肪!

二の腕のプルプルしたお肉をなんとかしたい! ダイエットしても、二の腕が細くならない!
落としにくい二の腕の贅肉。落とせないからとあきらめていませんか?

じつは二の腕ねじりダイエットなら、二の腕の贅肉を落とすことができます。

今回はそんな二の腕ねじりダイエットについてご紹介します。

二の腕ねじりダイエットでさよならタプタプ脂肪!

さて、二の腕ねじりダイエットについてですが、やり方は簡単! 肩と肩甲骨を使って腕全体を前後にねじるだけ。
背中や二の腕の脂肪を絞り出すようなイメージで行うことが大切です。

インナーマッスルを鍛えて脂肪燃焼

二の腕の脂肪を燃やすのは、確かに難しいです。普通の運動や食事制限ではなかなか二の腕の贅肉は落ちません。

ではどうすればいいのでしょう? 答えは二の腕・肩甲骨まわりのインナーマッスルを鍛えるのが一番効果的です。

インナーマッスルとは?

インナーマッスルとは体の奥にある深層筋のこと。そこには脂肪を燃やす筋肉が集まっています。

体の外側についている浅層筋は、物を持ちあげたり力を必要とする時に使う筋肉です。
腕立て伏せなどのトレーニングで鍛えられるのが、この筋肉なので、やり過ぎると細くなるよりも筋肉がつきすぎてムキムキになってしまうので注意してください。

それに対し、体の内側についている深層筋(インナーマッスル)は、体をひねったり、手や足を回転させたりして補助的な動作の時に働く筋肉です。

ひねりやねじりの動作は、意識しないと日常生活ではあまり使われない動作です。
そのために、二の腕に贅肉が蓄積されてしまうのです。

二の腕ねじりダイエットのやり方は?

二の腕ねじりダイエットは、大きく息をすったり吐いたりしながら、ゆっくりと腕をねじってインナーマッスルを鍛えていきます。

ただし、勢いをつけてねじってはいけません。しっかりと二の腕を意識してねじることで、脂肪が燃焼され細くすらっとした二の腕になっていきます。

ねじり

おもいっきりねじったら、さらに逆方向にもねじってみましょう。肩を巻き込むようにねじるとよりインナーマッスルに効いてきますよ。

背中痩せと肩こりにも効く!

また二の腕ねじりダイエットでは背中のインナーマッスルも同時に鍛えられるので背中の贅肉も取れます。しかも腕をねじる時に肩の関節と肩甲骨も使うので、肩の辺りの血行が良くなり肩こりが改善されます。

さらに背筋を伸ばしておこなうことで姿勢もよくなり、ねこ背の解消にもつながります。姿勢が良いと上半身が美しく見えるので、ダイエット効果と合わせてさらに効果は倍増ですね。

やるタイミングでダイエット効果アップ!

二の腕ねじりダイエットは入浴後に行うと代謝が上がって効果がアップします。

また朝起きてからすぐに行うと、一日の代謝が上がるのでダイエット的にオススメです。

慣れてきたり時間に余裕がある時は、朝夕の一日二回おこなうとより効果アップがのぞめます。

まとめ

二の腕ねじりダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか?

絶対落とせないと思っていた二の腕の贅肉は、二の腕ねじりダイエットで落とすことができます。
インナーマッスルを鍛えて、しなやかな二の腕になりましょう。

以上二の腕ねじりダイエットについてでした。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加