痩せやすいカラダを作る!?ピラティスダイエットとは?

女性らしい美しいボディラインになれるピラティスダイエット。最近知られるようになったダイエットで、ヨガと同じものだと思っている方も多いようですが、全然別のコンセプトのもとに作られたエクササイズなのです。

今回はピラティスダイエットについてご紹介します。

ピラティスダイエットとは?

ピラティスとは、ドイツの看護士ジョセフ・ピラティス氏が開発した、多くの効果がある独自のエクササイズのことです。体幹とインナーマッスルを強化することで正しい姿勢と動作を身につけることができ、その結果、運動障害の改善、運動パフォーマンスの向上、ダイエットなどの効果が得られます。

ピラティスダイエットの大きな特徴は、インナーマッスルを鍛えるエクササイズだということ。インナーマッスルとは体の深部にある筋肉のことで、体の中心の骨盤や背骨を支える非常に重要な筋肉です。

このインナーマッスルが衰えてしまうと、骨盤がゆがんでしまったり、下半身に脂肪が溜まって太ったり、姿勢が悪くなって猫背になったりといった症状を引き起こします。

逆にインナーマッスルを鍛えると、まず姿勢が良くなります。姿勢が良くなることで滞っていた血行が良くなり、肩こりや首のこりなどが解消されます。

また、骨盤の歪みがとれるので、内蔵が正しい位置に戻り、便秘や生理痛も改善されます。

さらにインナーマッスルを鍛えると、基礎代謝が上がりカロリーを消費しやすくなり、脂肪を良く燃焼する太りにくい体に変わることができるのです。

基礎代謝の違いはインナーマッスルから!

同じ食事や運動をしていても太る人と太らない人がいますよね? これは基礎代謝が違うからなんです。ピラティスダイエットでは、このインナーマッスルを鍛え、基礎代謝を高めることで脂肪を燃焼しやすい体になることを目的としているのです。

インナーマッスルは普段の生活では鍛えるのが難しい筋肉なのですが、ピラティスなら効果的に鍛えることが可能です。ピラティスでインナーマッスルを活性化し、基礎代謝の向上をはかることにより、美しくしなやかなボディになることができるのです。

ピラティスとヨガの違いは?

よく混同されるピラティスとヨガの違いですが、分かりやすい違いとしては呼吸法が違います。

ヨガはカラダがリラックス!

ヨガは腹式呼吸をおこないます。腹式呼吸とはお腹がふくれるように見える呼吸法で、ゆっくりと酸素を取り込むので副交感神経が刺激されてリラックスすることができます。

ピラティスはカラダが活性化!

それに対してピラティスは、胸式呼吸を行います。胸がふくれるように見える呼吸法で、多くの酸素を一度に取り込むことができ、交感神経が刺激されて体が活性化するのです。

一気に酸素を取り込めるので、腹式呼吸よりも得られる運動量は大きくなり、特に体をねじる動作の時に力を大きく出すことができます。

まとめ

今回はピラティスダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか?

ピラティスダイエットでは基礎代謝を上げて痩せやすいカラダを作るのはもちろん、骨盤のゆがみも解消されるのでバランスの取れた美しいボディラインを作ることができます。

姿勢が悪かったり仕事で同じ体制をとり続けている人には特におすすめの方法です。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加