食前に豆乳をのむだけ!豆乳ダイエット

食事の前にコップ一杯の豆乳を飲むだけの豆乳ダイエット。脂肪の吸収を抑える豆乳の効果で楽に痩せると評判です。しかも美肌になれるおまけ付き!

それにしても豆乳ダイエットは、どうして飲むだけで痩せることができるのでしょうか?

今回はそんな豆乳ダイエットについて詳しくご紹介します。

食前に豆乳を飲むだけ!豆乳ダイエット

豆乳ダイエットとは食事の前に豆乳を飲むことで、満腹感を得て食べ過ぎを防ぐことができるというダイエット法です。

もちろん豆乳を飲んだ後は、普段通りの食事をすることができます。食前に豆乳を飲む以外は食べたい物を好きなだけ食べることができるので、食事制限でストレスを溜めたりリバウンドなどの心配もありません。

なぜ食前に豆乳を飲むと痩せるのか?

豆乳は低脂質な上に、サポニン、イソフラボン、オリゴ糖、タンパク質、カルシウムなどが含まれる栄養たっぷりの飲み物です。

豆乳に含まれるサポニンは満腹中枢を刺激するので食前に飲むことで食べ過ぎを防止してくれます。さらに、脂質の代謝を促してくれるので脂肪を吸収しにくくするという働きもあります。

また大豆のタンパク質は脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、食事の前に飲むのが効果的なのです。

女性に嬉しい効果も!

豆乳にかぎらず豆製品に多く含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。そのため、肌の潤いをアップし新陳代謝もあげてくれます。つまり肌がキレイになるということです。さらに、女性ホルモンが欠乏してきている更年期の方には症状の緩和に有効です。

他にも豆乳に含まれるオリゴ糖には便通を良くする働きがあるので、便秘の解消にも効果を発揮します。

豆乳ダイエット、効果的な豆乳の摂り方は!?

豆乳ダイエットで高い効果が欲しい時は、濃度の高い成分無調製豆乳を飲みましょう。ただ、豆乳が苦手という人は成分調製豆乳でも大丈夫です。成分調製豆乳は無調整豆乳よりも濃度は低いですが、飲みやすいので長く続けることができます。自分にあった豆乳を選らぶようにしましょう。

豆乳を飲む目安は?

豆乳ダイエットで飲むべき量の目安は一日300mlくらいです。

豆乳の成分であるイソフラボンは、女性ホルモンと成分が似ているので過剰摂取はあまりよくありません。月経不順などを引き起こす可能性がでてくるので、目安の量を守って飲むようにしましょう。

毎食前に100mlずつ、コップ一杯くらい飲むのが適量です。

オススメの豆乳の飲み方

楽しく豆乳ダイエットを続けていくために、一風変わった豆乳アレンジをご紹介します。

豆乳+パイナップルジュース。

豆乳の半分の量をパイナップルジュースにかえるだけです。パイナップルは豆乳の脂肪を燃やす力や、脂肪の吸収を抑える力を活性化してくれるので、一緒に飲むとダイエットにも効果的です。ぜひお試しください。

豆乳+バナナ。

バナナは満腹感を得ることができる上に、栄養価が高くローカロリーなのでダイエットに向いてます。豆乳と一緒に摂ることで、より満腹感が得られて空腹感を感じなくなります。

しっかりとお腹にたまる感じがするので、食事の量が自然と減り摂取カロリーを抑えることができるでしょう。夕食の前に飲むのがオススメです。

まとめ。

豆乳ダイエットについてご紹介しましたが、いかがでしたか? 豆乳の成分は、脂肪の吸収を抑えてくれるとともに、美容にも大変効果的で美肌にもなれます。しかも、豆乳は安いのでコスト的にも毎日飲み続けることができるでしょう。

以上の点から、ダイエットしながら美肌になりたい方は、ぜひお試しください。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加