食生活の見直しがダイエットへの近道

痩せたいと思った人のほぼ全員が甘味や油分を減らそうと決意するはずです。しかし、甘味や油分を全て抜いてしまうとダイエットが苦痛で長続きしません。

ではダイエット時の食生活はどのようにしたらいいのでしょうか?

今回はそんなダイエット時の食生活の見直しについてご紹介します。

食生活の見直しがダイエットへの近道

炭水化物抜きや糖質制限など食事に制限をつけるダイエットはたくさんあります。でも、いきなり今までとまったく違う食生活に変えてしまうと無理をしがちで失敗する人も多いのではないでしょうか。

では無理をしないダイエットのためには何をすればいいのでしょう。

あなたは毎食後デザートを食べていますか?揚げ物は好きですか?

甘いものや揚げ物が好きな人と嫌いな人では普段の食生活も違うはずです。その人たちが同じダイエット法に取り組む時、その辛さは同じでしょうか。

食事の8割が炭水化物の人と、食事の量は少ないが毎食後ケーキ類を食べてしまう人では同じ「太っている」でもその内容が違うはず。ますは自分がどのような食生活をしていて、どんな栄養素が過多もしくは足りていないのかを把握することから始めましょう。

そして多すぎた栄養素を無理しすぎず、段階的に減らしていけばその辛さも軽減されるはずです。

栄養素の働きに気をつける

食事量が多い人は野菜中心に変えることが必要でしょう。胃袋が大きい人はいきなり少食にしてしまうと満腹感がなく思わず間食してしまいがちです。カロリーの少ない野菜をたくさん食べることで胃袋を満足させ栄養価も充実させましょう。

食事量が少ない人は野菜中心にしてしまうと問題が出てきます。肉や魚などたんぱく質を摂らないと筋肉が維持できなくなり結果基礎代謝が落ちてしまいます。少食なのに痩せない人はエネルギーの効率が悪くなっている可能性があるのです。

野菜をはじめに食べる

食べる順序にも注意が必要です。

野菜をはじめに食べると食物繊維が胃の中で水分を吸い膨らみます。胃の容量を食物繊維で満たすことで、食事量が少なくても満腹感が得られるようになります。

ドレッシングのかけすぎや野菜ジュースなどは油や糖質の摂りすぎにつながる場合もあるので気をつけましょう。

食生活の改善には食べ方にも注意

先ずは早食いしないこと。満腹中枢が「満腹」だと感じるまで約15〜20分かかると言われています。それまで食べ続けると必要以上の量を摂ってしまいますし、5分で食事を終えてしまうと食事に満足いかず間食の原因にもなります。

よく噛んで満腹中枢を刺激しながらゆっくり食べましょう。

また、ながら食べもいけません。テレビを見ながらやスマホに夢中になりながらとなると、やはり食事の満足度が得られないからです。何をどう食べたかを実感することは栄養素の把握につながりダイエットの実感へとつながります。

まとめ

食物のカロリーだけを気にするのではなく自分の体に必要な栄養素と余分な栄養素を見極めて正しい食生活を心がけましょう。

摂取カロリーや栄養素の把握がどうしても面倒な人はまずは主菜、副菜、椀物といった和食でバランスの良い食事を心がけてはいかがですか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加