油ものをさけてダイエット!油抜きダイエットについて

1日の摂取カロリーを抑えるためには、食事の量を減らすかカロリーの高いものを食べないという方法があります。

そこでオススメなのが炭水化物抜きと油ものを抜くダイエット法です。

今回は油抜きダイエット法についてご紹介します。

油ものをさける

ダイエットで痩せるためには『消費カロリー > 摂取カロリー』というのが基本です。

消費カロリーは運動や基礎代謝を高めることで上げることができます。

一方、摂取カロリーを抑えるには単純に食事の量を減らすか、カロリーが高いものを取らないという方法があります。

食事の量を減らすことの代表がファスティングですが、カロリーが高いものを取らないことの代表が炭水化物抜きダイエットや油抜きダイエットの2つでしょう。

炭水化物も油もどちらもカロリーが高いので、この2つのどちらかを抜くと摂取カロリーを大きく抑えることができるためです。

今回は油抜きダイエットについて詳しくご紹介します。

油抜きダイエットについて

油抜きダイエットは、炭水化物を抜かないため空腹を感じずに済むというメリットがあげられます。

炭水化物抜きのダイエットの場合、糖質が欠乏するため血糖値が上がらず腹持ちも悪いので激しいい空腹感に悩まされるのですが、油抜きダイエットの場合は油分以外は通常通りに食べても構わないため、とても簡単に実行することができるのです。

これは油のカロリーがとても高いためで、炭水化物と比べるとじつに2倍以上!

1gあたりで比べると、炭水化物は4kcalにたいし、油は9kcalもあるのです。

そのため、ほとんど空腹を感じることなくダイエットに成功することができるのです。

炭水化物抜きほど短期間での成果はでませんが、じっくり続けることで空腹感に苦しむことなく確実に体重を落とせるダイエット法だといえます。

油抜きダイエットの注意点

手軽にできる油抜きダイエットですが、体重を落とすために極端に油を抜くのはよくありません。

油の主成分である脂質は、人間に必要な三大栄養素のひとつであり、欠乏するとさまざまなマイナスな影響が出てきます。油を極端にとらないと髪がパサパサになり肌のツヤがなくなるなど何のために痩せたのか? みたいな状態になってしまいます。

ですから、肉の脂身を食べない。揚げ物を食べ過ぎないなど徐々に油分をカットしていって様子を見るようにしましょう。

また、油ものを食べる際にはキャベツやきのこ・海藻類などを同時に食べると脂質の吸収を抑制してくれるのでオススメです。

まとめ

カロリーを抑えるために油抜きダイエットについてご紹介しましたがいかがでしたか?

油抜きダイエットは紹介したように簡単に始められて効果が出やすいダイエット法ですが、脂質を抜きすぎると美容的に危険です。この見極めは難しいのですが、じつは簡単にしかも安心して実行する方法があります。

それは食事を和食メインにするだけです。

和食では洋食や中華などと比べてあまり油を使いません。和食中心にするだけで適度な油を取りつつ油抜きダイエットが可能となるわけです。

体重が気になる方は和食中心に変えてみてはいかがですか?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*