摂取カロリーを抑えるための生活習慣の改善法

ダイエットとまでいかなくても生活習慣の改善でカロリーを抑えて痩せることができるのをご存じですか?

少しの生活習慣を気をつけて改善するだけで痩せることができるのです。今回はそんな摂取カロリーを抑えて痩せるための生活習慣の改善法をご紹介します。

痩せるための生活習慣の改善法

太らないための生活習慣のオススメの改善法を3つご紹介します。

朝食を食べない

太らないための生活習慣としてオススメなのが朝食を食べないという方法です。単純に一日の摂取カロリーを減らすということで朝食を抜くのはとても効果的です。

朝食を食べないと太るという話もありますが、一概にそうとはいえません。

むしろ夕食を食べ過ぎた次の日などは、食事を取らないほうがダイエット的にも健康的にもはるかに良いのです。

なぜなら、お腹が空いていない状態で朝食を食べるほうが胃や腸に負担がかかり、カロリー過多になってむしろ太ってしまうのです。

逆に朝からとてもお腹が空いている場合は、野菜ジュースや酵素ドリンクなどを飲んで空腹感を紛らわせるとよいでしょう。お昼まで我慢すれば好きなモノを好きなだけ食べられるわけですから、意外と我慢できるものです。

ともかく朝食抜きはとてもオススメの方法です。

夕食は炭水化物を少なめに

夕食に炭水化物を少なめにするのもオススメです。

夜においしいものをたくさん食べたい気持ちはよくわかりますが、そもそも夜は寝るだけなので取り過ぎたカロリーは脂肪になるだけです。

とくに炭水化物はカロリーが高いこともあり、炭水化物の摂取を少なくすることで1日の摂取カロリーをかなり抑えることができるのです。

もちろん、炭水化物以外にも糖質や脂身などをは抑えたほうがいいですが、それでもそれ以外は好きなだけ食べても大丈夫なのです。

夕食は炭水化物を少なめに、オススメの方法です。

食後すぐのデザートは厳禁。食べるなら三時のおやつ。

食後すぐのデザートは一番太りやすいデザートの食べ方です。

じつはご飯を食べた直後というのはカラダの中で血糖値が最高に高まった状態なのですが、そんな中で食べ物を摂取すると、すべて脂肪として蓄えられてしまうのです。

つまり、食後にカロリーがとても高いデザートを食べるとそれはすべて脂肪に変わってしまうのです。

ですから、職後すぐのデザートは痩せたいのなら我慢してください。

では、いつ食べればいいのか? 答えは三時のおやつです。

食後に高くなった血糖値が通常に戻ったころですし、なにより15〜17時は一番太らない時間です。

デザートが食べたければ3時のおやつと言うのは理にかなった食べ方だったのです。

まとめ

カロリーを抑えるための生活習慣の改善法として食べ方について3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

地味ですが毎日少しづつの運動を積み重ねることが大事です。また、これに合わせて運動を取り入れるとにより余計に効果を発揮します。

ご紹介した生活習慣の改善法を取り入れてぜひダイエットを成功させましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*