病気の予防にも効果を発揮!?酵素ドリンクの脅威の力

酵素の代謝効果がダイエットに効くということで最近注目されていますが、じつは酵素の代謝効果は肌の活性化や病気の予防にも効果を発揮します。

今回は酵素の病気予防の効果についてご紹介します。

酵素が効く!?酵素の病気の予防について

まず生活習慣病など多くの病気は、おもに免疫力の低下が原因で起こります。免疫力はストレスや運動不足、ビタミン不足などが影響して低下してしまいます。また、じつは酵素不足でも免疫力の低下がおこるのです。つまり、酵素不足は病気になりやすいともいえます。

食事?加齢?ストレス?病気になりやすいのは酵素不足が原因!

酵素は生野菜や発酵食品に含まれておりそれらを食べることで補われます。しかし、日常的にジャンクフードや偏った食事ばかりしていると、上手く酵素を補充できないため体内の酵素不足が深刻になっていきます。また、年齢とともに酵素は減っていくものなので、年齢を重ねたら酵素は積極的に摂取しないといけません。その他にストレスなどが原因で酵素は不足していきます。

食生活が乱れていたりストレスが溜まっていたり、さらに年を取って病気をしやすくなるのは、じつはこの酵素不足が原因だったのです。

酵素以外も凄い!酵素ドリンクの病気予防の栄養素

酵素を豊富に含む酵素ドリンクは、たとえダイエット目的で飲み始めたとしても、酵素の効果により知らず知らずのうちに生活習慣病などの病気の予防ができてしまいます。しかも、酵素ドリンクには酵素以外にも病気の予防に効果的な栄養素を豊富に含んでいます。その一部をご紹介しましょう。

ビタミンB1の一種『葉酸』が摂取できる!

酵素ドリンクに含まれる栄養素で注目すべきものが『葉酸』です。葉酸はビタミンB1の一種で、葉野菜に多く含まれています。

その効果の中でも注目なのが血管年齢を上げるホモシステインを低下させるというものです。モホシステインは必須アミノ酸『メチオニン』の代謝過程にできるもので、動脈硬化や脳卒中などの恐ろしい病気を起こすことでも知られています。

とくに体調が悪い、ストレスが溜まり過ぎているなどの状態だと、うまく『メチオニン』に変質することができずに『ホモシステイン』が体内に増えてしまうのですが、葉酸にはそんなホモシステインを低下させるという素晴らしい効果があるのです。

これだけでも酵素ドリンクを飲む価値があるといえます。

カルシウム&マグネシウムも豊富!

酵素ドリンクにはさらに、カルシウム・マグネシウムなども豊富に含まれています。

マグネシウムは麦芽・玄米に多く含まれており、マグネシウムが不足すると心筋梗塞や脳卒中、高血圧を引き起こします。

さらにカルシウム不足も同じように成人病や骨粗しょう症を引き起こすことで知られていますが、これらを効率よく摂取できるという素晴らしい利点があるわけです。

まとめ

酵素ドリンクの病気の予防の効果についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご紹介したように酵素ドリンクに含まれる酵素と豊富な栄養素をとれば、かなり免疫力がアップしますし、日本人の三大成人病のうち2つ、『脳卒中』と『心筋梗塞』の予防にかなり効果を発揮することでしょう。

酵素ドリンクはダイエット時に飲むものと決めつけず、健康のために飲むのもオススメです。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加