生活が不規則で夕食が遅く。ダイエットの失敗談と対策

ご存知のように夜遅い時間の食事は太ります。しかし、分かっていても不規則な生活で夕食が遅くなり、ダイエットがうまくいかない人が多いものです。

ただ、夜遅く食べるとなぜ太るのでしょうか? 今回はそんな遅い時間の食事についてご紹介します。

生活が不規則で食事の時間が遅くなる。

遅い時間に食べると、そこからは寝るだけなのでエネルギーが消費されずに脂肪となってしまいます。

とくに一日のうちでも午後10時から午前2時が最も脂肪を蓄積しやすい時間帯で、この時間に油っぽい物を食べるとカロリーがそのまま脂肪となって蓄積されてしまうのです。

ちなみに、一番脂肪になりにくい時間帯は午後3時前後。つまり「3時のおやつ」というのは、とても理にかなっているというわけですね。夕食を食べ過ぎないためにこの時間に軽く間食をとるのはオススメです。

寝る3時間前の食事なら安心?

「寝る3時間前までに食べれば太らない」という話を聞きますが、じつはこれ厳密には間違いです。夜の9時までに食べるのであればそのとおりですが、先程紹介したように午後10時以降の太る時間に食べてしまっては、そのあと3時間起きていたからといってエネルギーの消費量はさほど変わりません。

そもそも人間という生物的に夜はエネルギーを消費しにくくなっており、必然的に脂肪が蓄積されてしまうのです。

どうすれば遅い食事で太らない?

それでは、どうすれば遅い食事でも太らないでしょう? もちろん規則正しい生活ができればそれが一番良いのですが、仕事が忙しいなどの理由でどうしてもできない場合があります。そんな方は以下のような方法を試してみましょう。

夕食を二回に分ける

事前に夕食が遅い時間になると分かっている場合には、2回に分けてみましょう。最初は18時頃に主食だけを食べます。パンやおにぎりなどを軽くお腹に入れてください。主食には糖質が多く含まれており、遅い時間に食べると脂肪になって蓄積されてしまいます。カロリーの消費が良い早い時間にできるだけ食べてしまいましょう。

さて予定が終わり食事ができる時間になったら、主食を抜いたおかずだけの夕食を食べてください。先に主食をお腹に入れているので、それほど空腹状態でもないはずです。食べ過ぎに注意しながら二度目の夕食を楽しみましょう。

遅い時間に食べるなら食べる物を工夫する

お腹が減って眠れないからと夜遅くに食べる時は、低カロリーで消化の良いものを食べるように心がけましょう。遅い時間の重い食事は寝るときに未消化の物が胃の中に残ってしまい胃腸に負担をかけますし、もちろん太る原因になります。

温かいスープや豆腐など、消化の良い胃に負担がかからないものが食べるようにしてください。

まとめ

ダイエット中は食べ過ぎよりも、むしろ空腹に注意が必要です。空腹だと食べ過ぎの原因になってしまいますし、空腹が何日も続くようだと体が飢餓状態に移行して、少しの食事でも太りやすくなってしまいます。

規則正しく生活を改善できない場合は、本来の食事の時間に少量でもいいのでお腹にいれるようにしてください。

夜遅くの食事は体の負担になりますが、食べないこともストレスになってしまいますので賢くつきあって行きましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加