急激なトレーニングでリバウンド!?

どうしても痩せたい理由がある場合や日頃から頑張りすぎる性格の場合、キツすぎるトレーニングなどで急激に痩せる人がいます。しかし、その多くがリバウンドしてしまうとしたら!?

運動で痩せたはずなのになぜリバウンドしてしまったのでしょう? その理由についてご紹介します。

急激なトレーニングでリバウンド!?

短期間で痩せるとストレスも少なくてすみますし自信にもなります。しかし、ダイエットには理想的な痩せ方というのがあるんです。では急激に痩せてしまうとどうなるのでしょう?

無理な食事制限との併用

急激に痩せてしまう人は、ダイエットの効果をあげようとしてトレーニングに加えて極端な食事制限をしてしまう傾向にあります。

無理な食事制限をして栄養不足になってしまうと身体が「省エネモード」となり、少ない食事量からでも多くの栄養を取り入れようとします。また、いざという時のために栄養を脂肪としてため込もうとするので太りやすい体質になってしまいます。

つまりダイエットで痩せたと思っても、実は水分や筋肉や骨などが減り逆に脂肪が増えた状態になっている場合があるのです。

運動で体重を落とそうとするのならば、栄養バランスを考えた食事を適切に摂り健康的に痩せることが重要です。

無茶なトレーニングは逆効果!

「筋肉は休ませて大きくする」など聞いたことがあると思いますが、運動すると筋肉は損傷してしまいます。損傷した筋肉はアミノ酸を取り入れることによって回復するのです。

トレーニングの量や質にもよりますが、回復には1〜3日間かかります。つまり、激しいトレーニングを休まず続けることは筋肉を損傷し続けることになり、筋肉をつけるどころか今ある筋肉の減少という効果となってしまいます。

筋肉が傷つき細くなった状態でトレーニングを続けると腰や膝を痛めることにもつながり、日常生活に支障が出てくるかもしれません。

痩せた後が問題だった!?

体重は減ったものの、実は筋肉が減り脂肪が増えた身体になった上に腰痛や膝痛で苦しみ今まで通りの運動ができなくなってしまったら・・・。

こうして一気にリバウンドしてしまうのです。

運動中は消費カロリーが上がるので食欲も出てきます。しかし運動をやめてしまっても同じように食べてしまえば必要以上のカロリーを摂取してしまうことに。間違ったダイエットで身体が脂肪を溜め込むようになってしまった上に筋肉の減少により基礎代謝まで下がっている場合は、さらに体重が増加してしまうでしょう。

理想的な痩せ方は

1ヶ月に減量するのは体重の5%以下が良いと言われます。しかし女性の場合、急激な体重の変化はシワの増加や生理不順など美容や体調に支障をきたしかねません。

健康的に痩せるには1ヶ月に1kgぐらいにとどめておく方が良いでしょう。

まとめ

急激な体重の変化で身体を壊してしまってはダイエットがより困難になってしまいます。とくに女性の場合はある程度脂肪がついた方が健康が維持できます。

トレーニングのおかげで体重が減ると、モチベーションが上がりさらに無茶をしてしまいがちです。栄養面や体調にも気を配り健康的に痩せるようにしましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加