ジムの人間関係のトラブルでダイエット失敗

体を動かして健康的に痩せたい!運動不足も解消できるし集中してトレーニングできるからと、スポーツジムに入会する方は多いと思います。ところがスポーツジムでのダイエットには意外な落とし穴が。。。

それは、ずばり人間関係です。今回はジムでのよくあるダイエットの失敗談をご紹介します。

ジムの人間関係のトラブルでダイエット失敗

ジムやスポーツクラブの人間関係でトラブルに!? じつはジムなどを辞めてしまう理由の上位は「人間関係のトラブル」なんです。せっかく入会したのに人間関係で嫌な思いをして、そのまま退会してしまうパターンというのはとても多いのです。

どのような人間関係のトラブルがあるの?

ジムに通っていると、だいたい同じようなメンバーと会うようになってきます。とくにスポーツクラブのプログラムの場合は、日時が決まっているのでさらに同じメンバーと会う頻度が高まります。そうすると、様々なトラブルが起こってくるわけです。

トラブルの一例をご紹介しましょう。

グループに上手く溶け込めない。

やはり一番多い人間関係のトラブルが古くからいるメンバー達に上手く溶け込むことができないというものでしょう。一人が好きなら大丈夫かもしれませんが、それでもだれとも話をせずにもくもくとトレーニングを続けるのは結構ツライこと。上手く溶け込めず、孤独感を感じて辞めてしまうのです。

仲が良くなりすぎるのも考えもの。

また、仲の良い人ができたとしても気をつけなくてはいけません。楽しくお話しできているうちは良いのですが、プライベートな部分に踏み込みすぎたり、距離感を間違ってしまうとこれがトラブルになってしまうのです。

仲が良かっただけに一旦トラブルが起きてしまうと、修復が難しかったりします。そうしてジムを辞めてしまうわけです。

派閥が原因でトラブルに

さらにグループがいくつかあって、そのグループ同士が仲が悪かったり、いわゆる派閥争いのようなものがあるジムもあります。よくあるのがお気に入りのインストラクターを独占しようとしたり、場所取りが激しくてトラブルに発展するといった話もよく聞きます。こういった人間関係がいやで辞めてしまうのです。

ナンパ目的の会員も!?

あとは、トレーニング中にしつこく話しかけたり、ナンパのようなことをする男性会員の方も残念ですがいます。

周りの目もあるしせっかく通っているジムだから、今後も顔を合わせるからと強く断れないでいると余計に調子に乗ってくるような男性もいます。そうしたことが嫌で辞めてしまうというわけです。

マナーが悪い会員と口論に

またマナーの悪い人がいて(シャワールームや、ロッカールームで迷惑な使い方をしているなど)イライラしたり、注意して口論になったりなどもあります。

トラブルを避けるためには?

どうしたらこういったトラブルを回避できるのでしょうか? やはりまずは『挨拶』というのが一番大事です。

ジムで会う人には、きちんとした挨拶をしましょう。笑顔で挨拶しなくても会釈をするだけでも最低限の円滑な人間関係のきっかけになります。

また、適度な距離感を保つように気をつけましょう。踏み込みすぎるとトラブルの元です。とくに悪口などには同調しないのが賢明ですよ。

またマナーの悪い利用者の人には辟易してしまいますよね。マナーとはお互いがお互いのこと思って、気持ちよく過ごせるようにするべきです。とはいえ直接注意するのはあまり良くありません。

ジムやスポーツクラブの方に相談して注意してもらうようにしましょう。

まとめ

今回はジムでのダイエットの失敗談として人間関係のトラブルについてご紹介しましたがいかがでしたか?

せっかくお金を払ってジムでダイエットするのなら、ストレスなく楽しく続けたいですよね。事前にジムやスポーツクラブのレビューなどを確認して情報収集をしておくのは大事です。また体験入店などを試して雰囲気を確認してから正式に入会するようにするとよいでしょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加