食事制限をやめたら体重が戻った!?なぜダイエットに失敗したのか検証!

理想の体重になるために食事を制限して見事にダイエット成功!でも、そのあと食事を元に戻したら体重も元通りでじつは大失敗。なんてことよく聞く話です。

ダイエットの失敗は間違った食事制限と食事制限が続かなくて体重が戻ってしまういわゆるリバウンドがほとんどです。

今回は、なぜ食事制限が失敗してしまうのかご紹介しましょう。

食事制限をやめたら体重が戻った!?なぜダイエットに失敗したのか検証!

まずダイエットは大きく分けると二つの方法になります。

1つ目は摂取カロリーを抑える(体に取り入れるカロリーを減らす。)
2つ目は消費カロリーを増やす(運動などで体にあるカロリーを減らす)

基本的にこの2つです。

食事制限をするということは、摂取カロリーを抑えるダイエット方法にあてはまりますが、食事制限は食事の我慢さえできれば確実に痩せられるので簡単に思えます。しかし、じつはシンプルで結果が出やすい反面、リバウンドしやすいダイエット方法でもあるんです。

食事制限でリバウンドが起こりやすい原因は?

食事制限で短期間で体重を落とすと、間違いなくリバウンドをおこしてしまいます。

食事を抜くなど一日あたりの摂取カロリー減らして体重を落とすということは、科学的に見ると大幅なカロリー不足ということになります。すると人間の体は、このカロリー不足は生命の危機だと考えて生命を維持しようとカラダに変化が起こります。少ない食事から体脂肪を蓄えようとするのです。

体脂肪を多く蓄えようとするために、逆にカロリーの消費が激しい筋肉は減らす方向に働きます。

つまり、脂肪を燃やしにくい太りやすいカラダになってしまうのです。

だからリバウンドしてしまう!

このように急激な厳しい食事制限をすると、体は代謝を下げて脂肪を溜め込もうとしてしまうので、必然的にリバウンドしやすいカラダになっているといくのです。

体の中で一番エネルギーを消費するのは筋肉なのに、食事制限をやり過ぎると筋肉が落ちてしまい基礎代謝が減ってしまいます。

これでは徐々に食べる量を戻したとしても、体にはエネルギーを一番消費してくれるはずの筋肉が減っているため、エネルギーがあまり消費されません。

つまり食事の量を戻すとリバウンドが起こるというわけです。

逆に言えば急激な食事制限によるダイエットは、体重を減らすというよりも単純にリバウンドをおこしやすいカラダを作っているということができるでしょう。

どうしたらリバウンドを防げるのか?

ダイエットが成功して理想の体重になった時に、そのまま食事を低カロリーに保ち食べ過ぎなければ大丈夫です。
理屈ではそうなりますが、これでは現実的ではありません。

これからの食生活そのものをかえていかなくてはなりませんし、食べたい物を食べれなければストレスになってしまいます。

ですからリバウンドしないようにするためには食事制限で短期間で体重を落とすダイエットではなく、もっと長い期間で少しだけの食事制限に運動を組み合わせて筋肉量を落とさないようにダイエットを行うのが理想的です。

まとめ

ダイエットの食事制限とリバウンドにつていご紹介しましたが、いかがでしたか?

一年くらいの計画で少しずつ痩せていけば、大きなリバウンドをおこすことはほとんどありません。
無理をしないダイエットが一番よい方法ですよ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加