摂取カロリーを制する者はダイエットを制する!

ダイエットをする上でもっとも重要なのがこの『摂取カロリー』でしょう。

「摂取カロリーを制する者はダイエットを制する」という格言があるかどうか知りませんがとにかく『摂取カロリー』のことを知らずにダイエットを成功させることはできません。

今回はこの摂取カロリーについてご紹介します。

摂取カロリーとは?

摂取カロリーというとちょっと難しく感じるかもしれませんが、簡単にいえば食べ物や飲み物に含まれるエネルギー=カロリーです。

カロリーとは熱量(エネルギー)のことで単位は『cal』。一般的には1000cal=1kcalがよく使われており、食品などでカロリーといえばこの1kcalを指します。ちなみに1kcalは1リットルの水の温度を1℃上げるエネルギーです。

人間の体を動かすためにも使われるもので、歩く走るはもちろん、生きるために必要な呼吸や内蔵を動かすのにもこのカロリーを使っています。ちなみに、この最低限必要なカロリー消費を『基礎代謝』といいます。

※関連記事:最も重要!今さら聞けない基礎代謝の常識

摂取したカロリーが多すぎると、使い切れずにカロリーが体に蓄積されていきます。これが『脂肪』なのです。

つまりダイエットを成功させるには、この摂取カロリーを減らし消費カロリーを増やして体の中の脂肪をへらしていくしかないのです。

平均的な摂取カロリーは?

それではここで平均的な摂取カロリーをご紹介します。

平均的な摂取カロリーは性別や年代、体重などによって変わるのですが、だいたい1800〜2200kcalといわれています。単純にこれよりも摂取カロリーが少なくなれば体重は減っていきますし、逆に食べ過ぎたら運動などをして消費カロリーを増やさないと太っていく計算です。

体重1kgを減らすのに必要なのは何カロリーは?

1kgの体重を落とすにはどのくらいカロリーを消費すればよいのでしょうか?

体重1kgを減らすには7200kcalが必要です。

1ヶ月で1kgを減らしたいならば7200kcal消費すればいいので、1日に換算すると240kcalを減らしていけば痩せていくことになります。これは1日あたりの摂取カロリーを240kcal少なくしてもいいでしょうし、逆に240kcal分の運動をして消費カロリーを増やしてもいいでしょう。ともかく、通常の摂取カロリーよりも少なくするか消費すれば体重は減っていくわけです。

例えると1日1缶のビール(200kcal)をお茶にするだけで、食事や運動量が今までと同じであれば一ヶ月ちょっとで1kgの体重が落ちる計算であり、ジュース350ml缶1本(120kcal)であれば二ヶ月我慢すれば痩せるのです。

つまり1日の摂取カロリーをしっかり気にしておけば効率的に痩せる計画を立てられることになります。

まとめ

簡単に摂取カロリーについてご紹介しましたがいかがでしたか?

自分の体重を落とすためには、とにかく1日の摂取カロリーを考えて食事をすることです。お昼に美味しいランチを食べた時は夜は軽めにするとか、夜に飲み会がある場合は朝と昼をあらかじめ少なめにしておくなど、1日の総摂取カロリーで考えるようにすることがダイエットの第一歩といえます。

摂取カロリーを上手にコントロールし、ダイエットを上手く成功させたいものですね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*