アナタは大丈夫?とってもやばい!メタボリックシンドローム

最近テレビやネットでもよく見かけるようになったメタボ(メタボリックシンドローム)。名前はよく耳にすると思いますが、どのような状態で何かが悪いのかは御存知ですか?

意外と知らないメタボについて今回はご紹介します。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドローム通称メタボは日本語に訳すと『内臓脂肪症候群』と定義された体の状態です。

メタボリックシンドロームを正式に定義すると内蔵型肥満に高血圧、脂質異常、高血糖のうち2つを併せ持った状態です。これらの一つ一つの症状は軽いとしても2つ以上が重なると『動脈硬化』が加速的に進行し、心筋梗塞や狭心症、脳卒中のような非常に危険な病気を引き起こします

動脈硬化とは、血液中の余分な脂質や糖分が血管の壁に蓄積されることで血管が厚くなったり硬くなることです。ちなみに、日本人の死因の約三割が動脈硬化が引き起こす心臓病と脳卒中です。

メタボの改善には?

それではメタボを改善するにはどうすればいいのでしょうか? メタボの改善には食事や運動はもとより、飲酒や禁煙など生活習慣の改善をするしかありません。それぞれ詳しくご紹介していきます。

メタボ対策!食事の改善

まずは食事からご紹介していきましょう。ごはんなどの主食、メインのおかずの主菜、付け合せの小鉢などの副菜、こう言った栄養バランスの良い食事を三食きちんととることが基本です。そして、一食一食をよく噛んで食べるようにしましょう。また寝る2時間前は食事を取らないというのも大切です。

こんなあたり前のことだけで十分改善になりますが、さらに付け加えるなら肉の脂身は少なくし、青魚をとるとよいでしょう。とくに青魚に含まれるDHA・EPAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるので積極的に食べるのをおすすめします。

メタボ対策!運動のすすめ

メタボ対策で運動を始める場合は、まずはウォーキングから始めましょう。いきなりジョギングなどを行うと膝や足に負担がかかり逆に怪我をしてしまう可能性があるからです。

ウォーキングを始める場合はしっかりとした専用の靴を買ってください。とくにクッション性が高いものを買えばケガの防止に繋がりますし、なによりお金をかけた分、やる気につながってきます。しっかりと準備をした上で運動を行いましょう。

さらに筋トレを合わせて行うと効果的です。おすすめの筋トレはスクワットです。太ももや腰の大きな筋肉が鍛えられるので基礎代謝が上がりやすく、また最初の頃は浅めに行うことで運動強度を調整できるのもオススメな点です。ぜひお試しください。

メタボ対策!飲酒は?喫煙は?

適度な飲酒は血行をよくしストレスの発散にも繋がります。1日1〜2杯と量を決めて深酒をしないようにしましょう。

注意点としては、晩酌の前にお茶や水を飲み、食事をしておくことが大事です。また休肝日を決めて肝臓を休める日を作るとよいでしょう。

また、タバコを吸っている方は残念ながら禁煙してください。喫煙は血管を縮小させて血液の流れを妨げるなどメタボで負担がかかった状態ではとても危険です。最近は保険適用の禁煙外来も可能です。頑張って禁煙してください。

まとめ

メタボリックシンドロームについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

メタボは放っておくと本当に危険な状態です。ぜひ、ご紹介した生活習慣の改善をおこなって健康な体を取り戻しましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*