ダイエットの前に絶対に知っておきべき体脂肪率とは?

肥満とは『体内に脂肪が過剰に増えた状態』をさしますが、自分の肥満レベルがどの状態にあるのか?

体内に蓄えられた脂肪を数字として表示してくれるのが『体脂肪率』です。

今回はそんな体脂肪率についてご紹介します。

体脂肪率とは?

そもそも体脂肪率とはなんでしょう? 体脂肪率とはその名のとおり体の中にどれくらい脂肪があるかを示した数値です。

以前はBMIという指標によって『肥満』の判定を行っていましたが、BMIは身長と体重から数値を出していたため、筋肉がついたマッチョな人が肥満判定を受けたりしていました。しかし、現在は手軽に体脂肪が測れるようになったことからこの体脂肪率によって肥満の度合いを判定するようになっています。

参照:体形を数値化した指標『BMI』とは?

なお、体脂肪率は単純に低ければ低いほど良いというわけでもありません。じつは脂肪が少ないと体温の低下や筋力の低下を起こしてしまいます。とくに女性の場合は生理不順や早期閉経の原因となってしまいますので注意が必要です。

ですから、あまり体脂肪を落としすぎず適正量は維持するようにしましょう。

適正体脂肪率は?

それでは適性の体脂肪率はどのくらいでしょうか?

年齢にもよりますが、一般的に男性は体脂肪率15-20%、女性の場合は体脂肪率20 – 25%が標準といわれています。これを下回ると『低脂肪』であり、上回ると『肥満』というわけです。

また体重が軽く痩せて見えるのに、体脂肪率が高い隠れ肥満というのもあります。これは筋肉量が少なく体脂肪が高い方が該当するのですが、健康状態としてはまり良くありません。早急に改善するようにしましょう。

体脂肪率の測定の仕方

ここで体脂肪の測定についてご紹介します。

体脂肪率は体脂肪測定付きの体重計を使うと思いますが、じつは市販の物は精度の上では信頼性に欠けます。本来、体脂肪率はCTMRIなどで体脂肪面積を測定し、そこから推定するのが正確な測り方です。

ところが家庭用の物ではそこまでできません。そこで体に微量な電気を流し、電気抵抗を調べることで脂肪の有無を計測しています。

人間の体は主に筋肉、脂肪、水でできているのですが、筋肉は電気を通しやすく、脂肪は通しにくい性質があります。家庭用の体脂肪計はそれを利用して調べているわけです。

さて、ここで問題になるのが体の中の水分量です。人は、起きてすぐやお風呂上がり、運動の直後は体の水分量が減っている状態です。この状態で体脂肪を図ると通常よりも脂肪が多めに表示されてしまいます。逆に食事の後や水を飲んだ直後は、体の水分が多いことから脂肪が少なく表示されてしまうのです。

ですから家庭用の体脂肪計で測る場合は、常に同じ条件で測定するようにしましょう。
例えば、朝起きてすぐに測る。夕食のあとに測る。お風呂上りに測るなど、時間帯や条件を決めて測るようにすると、ある程度目安になる体脂肪率を測ることができます。

まとめ

簡単に体脂肪率についてご紹介しましたがいかがでしたか?

ダイエットの基本は自分の体を知ることです。自分の体に脂肪がどのくらいあるのか、その脂肪はどのくらいの運動や食事制限によって減らすことができるのか。そういった情報を正確に理解して正しくダイエットに活かしたいものです。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*