空腹を紛らわせるだけじゃない!ガムを食べるメリット!

ダイエット時の空腹をまぎらわせるのに効果的なガムを噛む行為。じつは他にも素晴らしい効果があるのです。

今回はそのガムを噛む行為による空腹を紛らわせる以外のメリットについてご紹介します。

ちなみに、今回の記事でのガムとはキシリトールのガムを指していますのでご理解ください。

空腹を紛らわせるだけじゃない!ガムを食べるメリット

ダイエット中のガムといえば空腹を紛らわせるためのマストアイテムです。

噛むことにより満腹中枢が刺激され空腹感がなくなり、またガムに含まれるミントの効果で食欲が薄れるためです。

しかし、じつはガムには空腹を紛らわせる以外にも素晴らしい効果がありました。今回はそんなガムの効果をご紹介します。

ずばりダイエット効果

なんとガムを食事の1時間前に食べるとダイエットにつながるというデータがあります。

これはガムを噛むことで唾液が分泌され、その唾液に含まれる消化酵素により胃腸を助けるためです。

つまり、消化がよくなるので便秘の予防になり、太りにくくなるというわけです。

さらに、事前にガムを食べておくことで満腹中枢が刺激され食事の量が減るという効果も見込めます。

老化予防!アンチエイジング効果

これはガムに限らないのですが、よく噛むことで多くの唾液が分泌されます。

じつはこの唾液に含まれるパロチンという成長ホルモンは、別名若返りホルモンとよばれるように女性ホルモンを活性化させる効果を持っています。

そのため肌や骨、筋肉、髪の成長や再生を活性化させるアンチエイジングの効果があるのです。

パロチンはよく噛むことでより多く放出されるものですから、まさにガムはうってつけのアイテムといえます。ガムを噛むだけで肌のハリが良くなるなんて凄いと思いませんか?

ガムを噛むことで顔のたるみの防止

上記では成長ホルモンの分泌によるアンチエイジング効果を紹介しましたが、ガムを噛む行為にはもっと具体的な効果もあります。

それはガムをかむことで表情筋のトレーニングになり、二重あごの防止や小顔効果が見込めるということです。

噛むという行為は顔やアゴ、首まわりの筋肉をかなり使っています。つまり、ガムを噛めば噛むほど筋肉が鍛えられ顔が引き締まっていくというわけです。

普段あまり噛まなくてよい、柔らかい物しか食べてない方にはとくにオススメです。

精神的安定リラックス効果

ガムを噛むと精神的に安定してきてリラックスすることができます。スポーツ選手が試合中にガムを噛んでいるのも、リラックスして集中力アップと精神安定を図るためなのです。

これは生物の本能に由来する効果です。物を噛む行為は生物が永遠の恐怖である「飢え」から解放された状態です。

ガムを噛む ⇒ 口の中に食べ物がある ⇒ 飢えていない ⇒ 精神的に安定

こういった図式な成り立ち、そのため精神が満たされるわけです。

ガムを噛むことにより空腹のストレスが軽減されるのもこの効果のお陰です。

ガムの食べ過ぎによるデメリット

ここまではガムを噛むことによるメリットを紹介してきましたが、もちろん食べ過ぎによるデメリットがない訳ではありません。ここでは食べ過ぎのデメリットもご紹介しておきます。

キシリトールによりお腹が緩くなる

キシリトールのガムはケースにも書いてあるとおり、食べ過ぎるとお腹が緩くなります。

お腹が緩くなって困る状況の場合は、ガムの食べ過ぎに注意しましょう。

ガムを片側だけで食べると顔がゆがむ

ガムに限りませんが、人には噛みぐせがあり右か左で噛むことに偏りがちです。

これを気をつけないでガムを食べ過ぎるとどうなるか? 答えは簡単で顔に歪みがでてしまうのです。

右は引き締まって左はたるんだ状態。こんなことが起こってしまうわけです。

ですからガムに限らず、常に平等に噛むように気をつけましょう。

まとめ

今回は空腹を紛らわせるに最適なガムのそれ以外の効果について詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?

ガムダイエットもあるようにガムはダイエットにとても相性が良い食べ物です。

また、ご紹介したデメリットですが、食べ過ぎなければあまり気にする必要はありませんし、1日に10個程度であれば全く問題ありません。気にせずガムをご活用ください。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*