ダイエット中の空腹感がなくなる!?オススメの歯磨き

ダイエット中のつらい空腹感。その空腹感を紛らわせてくれる定番のアイテム『歯磨き』。

今回はそんな空腹に効果のある歯磨きについてご紹介します。

空腹を紛らわせる定番といえば

空腹を紛らわせる定番といえばこの歯磨きでしょう。

歯磨きは長年の習慣から食事の終了を意味しており、歯磨きをすることで脳が食事をしたと錯覚するのです。そのため空腹感がなくなるといわれています。

また、せっかく歯磨きをして口の中がさっぱりとなったのに、そこに新たに食品を入れたくないという気持ちが働き、食事にたいする抑制効果にもなるのです。

歯磨きの効果

さらに、歯磨きの刺激と味覚により食事をしたという感覚を得ることができるというのも大きく、これにより空腹感が大きくなくなります。

オススメの歯磨き粉

ダイエット中にオススメの歯磨き粉といえば、空腹感を満たす効果があるミント系。スッキリとした刺激が気分転換にもなるのでぜひ取り入れたいものです。

また、フルーツ系の味の歯磨き粉であれば、歯磨きにより甘みが満たされるので空腹感が薄らぐ効果が得られますし、甘みが得られるのでダイエット中のストレスの改善にもつながります。

フルーツ系の歯磨き粉は子供用に色んな種類がありますので、自分の好きなものを選ぶとよいでしょう。

デンタルフロスで仕上げ

歯磨きのあとにデンタルフロスで仕上げをするのも空腹を抑えるのに効果的です。

デンタルフロスとは紐状の物で歯と歯の隙間から歯垢をかき出すもので、最近はCMでもよく見かけると思います。

このデンタルフロスでの仕上げ作業は地味に大変ですから、仕上げをしたあとに食事をして、もう一度この作業をすると考えるとなかなか食事に踏み込めないはずです。間違いなく強力な抑止力になりますよ。

トドメに舌みがき

もし、歯磨き・デンタルフロスでまだ空腹感が消えない時は、最後の手段です。

さらに舌磨きをしてみてください。これで間違いなく空腹感はなくなるはずです。

ちなみに舌磨きをする際は、舌磨き専用のブラシで舌を磨いてください。また、舌は傷つきやすいので1日1回までにしておきましょう。

舌磨きをすれば口臭予防にもなって、一石二鳥です!

まとめ

空腹を我慢するための有効な手段として歯磨きをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ちなみに、歯磨きは手で強く磨きすぎると口内炎の原因になる場合があります。

電動歯ブラシを使いでゆっくりとかるくマッサージするつもりで磨くとよいでしょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*