食前に食べる!?低カロリー食でお腹を膨らます!

食べたらその分太ってしまう。だからいつも少食でお腹がすきっぱなし・・・。ダイエット中は食事に対してどうしてもネガティブな考え方になってしまうものです。

でも効率的な食事の仕方で食事に満足感が得られたら。

今回は食前に食べることでお腹を膨らませてダイエットにつながる食品についてご紹介します。

食べる前に食べる!?低カロリー食でお腹を膨らます!

ダイエット中はいつも空腹で食事が待ちどうしいですよね。でもその食事も少量ですぐに食べ終わっては満足がえられません。

では、ダイエット中の食事に満足感を得るにはどうしたらいいのでしょう。

それはずばり、食事の前にお腹を膨らませておけばいいのです。

食事の前に食べる!?

もちろんお腹をふくらませるからと食事の前に定食1人前を食べるとかそういうわけではありません。

食事の20分ほど前に低カロリーの食材や水分を摂りましょうということです。

その分もまとめて一度に食事でとればいいじゃないかと思うでしょうが、実際の食事の少し前に食べることに意味があり、一度に食べてしまうより効果が上がるんです。

食事に満足感を得る

食前にちょっとだけ食べたり水分を多めに取ることで、お腹が落ち着きその後の食事もゆったりと食べることができるのです。さらに、はじめに低カロリーの物を食べておけば、その分自然と食事の量が減らせるというメリットもあります。

何を食べると効果的か

それでは実際何を食べるのが効果的なんでしょうか。オススメの食品をご紹介しましょう。

《グレープフルーツ》

食物繊維が体内の水分を吸収して膨らむことで満腹感がでます。また、ビタミンCやクエン酸が多く含まれるので脂肪燃焼の促進も期待できます。

そして、グレープフルーツの一番の特徴はその苦味と香り。苦味には食欲を抑える効果が、香りにはリラックスと脂肪燃焼の促進効果があります。まさにダイエットにオススメしたい食材です。

《ところてん》

ところてんは海藻であるテングサからできています。食物繊維が豊富でほとんどカロリーもありません。たくさん食べても太らないのです。

しかし、食物繊維以外の栄養素がまったく取れないので、ところてんしか食べないなど極端な食べ方は止めましょう。

《水》

水はもちろん0kcalです。常に携帯できるので会社の昼食前でも気軽に飲めますし、常に家にあるものなので買い忘れもありません。

飲むときは、体を冷やさないように常温か白湯を飲むようにしましょう。少量だとかえって食欲が増進しますのでコップ2杯ぐらいがよいとされています。また、多すぎるとむくみの原因になりますので気をつけましょう。

まとめ

食前に食べることで少ない食事でも満足感を得られれば、ダイエットでのストレスがきっと減るでしょう。しかし、元から少食の人が低カロリーの食材を食前に食べると、普通の食事ができなくなり必要な栄養素が得られず美容や健康を損なう恐れがあります。

ダイエットのせいでカラダを壊しては本末転倒ですからカロリーとともに栄養素にも気をつけた食事をするように心がけましょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加