女性の憧れ!引き締まった二の腕になるには?

半袖やノースリーブの服を着るとき、二の腕が気になりませんか?

二の腕が太かったり、垂れているから、カバーできるゆったりしたデザインしか選べない。
お気に入りの服を見つけたけど、袖が二の腕でぴちぴちで着れない。

二の腕は女性の悩みが多い場所の一つですね。

ほっそりとした引き締まった二の腕を手に入れたい!

ほっそりとした二の腕は女性のあこがれ。

しかし、ダイエットをしても二の腕のぷにゅぷにゅした感じは、なかなかなくなりません。

体重が減って他の場所はサイズダウンしたのに二の腕は変わらない、なんてこともよくあります。

二の腕が太いと、全体の印象も太って見えますし、逆に二の腕が細いと全体の印象は細く見える。目につきやすく、印象を大きく左右する二の腕。

いったいどうしたら、細くしまった二の腕を手に入れることができるのでしょうか?

どうする二の腕?

ダイエットをしても中々直らない二の腕のたるみ。筋肉に比べて脂肪の割合が多けれ多いほど、二の腕はぷるんぷるんしてしまいます。

ということは、二の腕のたるみを無くすには筋肉の割合を増やせば良いというわけです。

そもそも二の腕とは?

二の腕の筋肉をつける話の前に二の腕の構成についてご紹介しましょう。

二の腕は二つの大きな筋肉で形成されています。上腕二頭筋と上腕三頭筋です。

二の腕の内側にあり、肘を曲げる時に動き、力こぶになるのが上腕二頭筋。二の腕の外側にあり、肘を伸ばした時に動き、二の腕のぷにゅぷにゅして、腕を振ると揺れる部分が上腕三頭筋です。

二の腕のたるみの原因は?

二の腕の内側の筋肉、上腕二頭筋は肘を曲げた時に動くので、物を引っ張ったり持ち上げたりする動作で使われています。そのため、日常でも比較的よく使われている筋肉です。

それに対し上腕三頭筋は、肘を伸ばした時に動くので、物を押したりする動作で使われます。

さてここで自分の一日の動作を振り返ってみましょう。

肘を伸ばし、何かを押すという動作をしていますか? パッと思いつかないほど少ないはずです。

昔は、ぞうきんでの拭き掃除などでよく使われている筋肉でしたが、現代では上腕三頭筋を使う動作はほとんどありません。

しかも、上腕三頭筋は上腕の筋肉の半分以上を占める大きな筋肉。つまり、この筋肉を鍛えていないことが二の腕のたるみの原因となるわけです。

上腕三頭筋を鍛えて二の腕を引き締める!

たるみを無くすには、この上腕三頭筋をしっかり鍛えることが重要で、二の腕を引き締めるポイント!

上腕三頭筋を意識した筋肉トレーニングが効果的というわけです。

上腕三頭筋を鍛えるには、軽いダンベルなどを使って適度な負荷をかけたトレーニングを行うとよいでしょう。

あまり負荷の高いものを使うと逆に筋肉で太くなりますから、軽いものを使って毎日行うようにしてください。

まとめ

今回は二の腕についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご紹介したように二の腕の筋肉は普段あまり使っていません。それだけにしっかりトレーニングを続けることで短期間で効果が出てくる場所でもあります。

二の腕が気になる方はぜひ試してみてください。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*